レンジフードに求める性能とは!?見た目と性能両方取りで予算超過の大ピンチ(´;ω;`)

こんにちは。

本日も、お忙しい中ご訪問くださり、ありがとうございます✩

花粉、めっちゃ飛んでいますね(´;ω;`)

毎日毎日、目が痒いのを通り越して、爛れてきてしまったので、週末病院に行こうと思っている私です。

身体中不調なのは、どうやら花粉が原因のよう。

年々、重症化しているようなので、ここらへんで、きっちり治療しようかな・・・・・

本日は、涙を流しながらの記事更新です゚゚(゚´Д`゚)゚

レンジフードに求める性能と見た目のおしゃれ

さてさて、今日のお題は、レンジフード。

実は、以前にもレンジフードについて検討しましたが。

過去の記事はこちら

レンジフードを選ぶときに抑えたいポイント!性能か見た目か?デザインに悩む
こんにちは。 Rayです。 本日の更新、少し遅くなってしまいました(´・ω・`) ご訪問く...
おしゃれで機能的なキッチンのレンジフード探し
こんにちは。 Rayです。 本日も、お忙しい中ご訪問くださり、ありがとうございます✩ 工事...

そうなんです。

デザインでは、ダントツでariafinaのGIGLIOが好み。

Giglio(ジリオ)|ARIAFINA

でも、同時給排気タイプのレンジフードにしたい気持ちもあって、長らく悩んでおりました。

※ariafinaのGIGLIOは排気のみ

我が家で考えるレンジフードの優先順位は、

①性能:同時給排気または強制同時給排気

③デザイン

③お手入が簡単

であること。

これが悩ましいのです・・・・・。

①性能:同時給排気を選びたい理由

いわゆる高気密の家の場合、レンジフードは給気を同時に行える同時給排気が望ましいと知ったのは、とある建築士さんのブログからでした。

記事によると、気密性の高い家の場合は、排気のみのレンジフードだと給気が追いつかず、負圧がかかり、玄関のドアが重くなってしまうなどの現象が起きるとのこと。

負圧になった分の給気は、居室の給気口から行うため、夏は暑い空気が、冬は冷たい空気が、大量に居室内に入ってくることになり、快適性を損なう場合があるのだとか。

こちらを解消するためには、

①同時給排気タイプのレンジフードを使用する

②レンジフードの近くに差圧給気口を設ける

③レンジフードを使用する際に、キッチンの窓を少し開けて給気を補う

といった方法があるのだそう。

特に、①同時給排気タイプのレンジフードを使用した場合にも、排気の能力の方が高く、給気が追いつかないため、強制型の同時給排気レンジフードを使用すると、さらに良さそうな感じでした。

とはいえ、強制同時給排気タイプのレンジフードは数が少なくて、唯一気に入ったデザインのものは、とってもお高い~゚゚(゚´Д`゚)゚

ARIAFINA

同じアリアフィーナのシリーズで、同時給排気(強制でない)タイプも検討中。

ARIAFINA

と、ここで、渡辺製作所さんというレンジフードメーカーを発見!

しかも強制同時給排気タイプ!見た目も好み♡

レンジフード ワイドスリム/強制同時給排 WVS | レンジフードの株式会社渡辺製作所
レンジフード、換気扇の製造、販売。オリジナルレンジフードを各種ご用意しております。

良さげ・・・。

ただ、こちらも、なかなかのお値段ですがね・・・・゚゚(゚´Д`゚)゚

ちなみに、②の差圧給気口については、見た目が残念にならないか心配なのと、ビルダーの実績があまりないようなので、躊躇われ・・・・・。

予算がどうしても都合つかなかったら、③にして、デザインでお気に入りのariafinaのGIGLIOにしよう!と決めています。

③デザインのこだわり

私の好みは、インダストリアルっぽい外観か、シンプルでちょっとスタイリッシュなステンレスの筐体です。

なので、だいぶ候補対象が限られてしまい、この際、ブラックやシルバーでも良いかな~と思いつつも、コンロの前面をステンレスにしたので、ステンレスで合わせたほうが、格好良いのは間違いなく・・・・

というわけで、上記の4拓で悩んでいるところです。

③お手入が簡単であること

私は、自他ともに認めるズボラな性格です(;・∀・)

なので、お手入れが簡単でないとお掃除が続く気がしません・・・・・。

ちなみに、私の言うところのお手入れが簡単というのは、お手入れの頻度が少ないとか、フィルタレスというよりも(もちろん、頻度が少なくフィルターもなけりゃないに越したことはありませんが)、整流板やフィルター、ファンの脱着がワンタッチで行えることが重要です。

いちいち、工具を持ち出さないと外せないとか、ネジを外すとか(無くしそうで怖い←賃貸マンションで経験アリ)は、正直、掃除を始める前のワンクッションが億劫になってしまいそう。

というか、絶対なる!自信有ります!(←こらこら!)

なので、私にとっては、取り外しが簡単で複雑でないことが、結構重要だったりします。

このあたりも、アリアフィーナはシロッコファンもワンタッチで着脱できるようですし、もう言うことなし(*゚▽゚*)

ああ、お金がどこからか降ってこないかしら???

ちなみに、昨今のレンジフード、フィルタレスのものが一挙に増え、中には自動お掃除機能付きで、10年お掃除不要なんて機種もあるそうで。

ほっとくリーンフード | システムキッチン | 住まいの設備と建材 | Panasonic
Panasonicのシステムキッチン、ほっとくリーンフードのご案内

※パナソニックのキッチン専用のため、レンジフードの単品販売はしていないそう。

レンジフードの耐用年数は、およそ10年といいいますから、耐用年数までファンの掃除不要というわけです。

我が家はパナソニックのキッチンではないので設置できませんが、便利ですよね~ヽ(*´∀`)ノ

さてさて。

ゆっくり進んでいる我が家の新築工事。

こんなにのんびりながらも、高気密を疑わないのには、ひとえに、ドライウォール工法を採用しているからです。

きちんと、高気密の住宅になるかどうかは、大工さんの腕次第!

大工さん、よろしくお願いしますね~!

最後までお読みいただき、ありがとうございます✩

ランキング参加しています

宜しくお願い致します♪


にほんブログ村

人気ブログランキング






Sponsored Link