海外インテリアを学ぶ!~海外ドラマ「ホワイトカラー」の部屋がおしゃれすぎる✩~

こんにちは。

マイホームのために勉強よ~.゚+.(・∀・)゚+.

と言いつつ、娘を寝かしつけたあと、夜な夜な海外ドラマを観ています。

Rayです。

そう、私の海外ドラマ好きから始まったといっても過言ではない、Ray家のマイホーム計画。

今日は、一息ついて、いえづくりの参考にさせていただいているドラマをご紹介します。

海外インテリアを学ぶ!

「ホワイトカラー」のニールの部屋がおしゃれ!

さて、幼い頃から映画好きの父の影響で、洋画ばかり見て育った私。

海外ドラマも大好きです☆

この度のマイホーム建築にも多大な影響を及ぼすであろう名作について、少しずつご紹介していけたらと思っています。

ということで、第1弾はおっしゃれ~でカッコイイインテリアにご注目!

「ホワイトカラー」です。

天才詐欺師ニールとFBI捜査官ピーターが手を組んで、美術品がらみの犯罪捜査に挑む。

ちょっとアカデミックで、秒刻みの捜査にハラハラドキドキ、おしゃれなクライムサスペンスドラマです(〃▽〃)

少し前まで、Dlifeでファイナルシーズンまで放送されていたので、ご覧になったことのある方も多いかもしれませんね。

主軸になるエピソードに加え、ニールとピーターの友情、軽妙で、おしゃれな会話のやり取りがカッコ良く、いつも予想の斜め上を行く展開に、目が離せません。

加えて、お部屋のインテリアがめちゃくちゃオシャレなんです!

基本、室内のシーンが多いので、外観の画像がなかなかないのですが、例えばこんな感じ?

海外ドラマ「ホワイトカラー」より

別の角度から。

海外ドラマ「ホワイトカラー」より

高い天井に大きな窓と天窓が特徴的ですね。

ニューヨークの街中にも関わらず、開放感あふれるお部屋です。

シックな黒いサッシが、インダストリアルなNY感を醸し出しています。

部屋の内装としては、モールディングが使われたり、割とクラシックな感じなのですが(キッチンもレトロで素敵なんです)、置いてある家具やインテリアは、モダンなデザインとクラシックなデザインのMIXです。

MIXでも違和感がないのは、全体的に、色味や素材感を考え、質の良いもので揃えているからでしょうね。

どことなく、ロンドンの雰囲気も感じます。このMIXな感じ、たまりません!!

Ray家もこんなインテリアを目指したいものです(*’U`*)

ちなみに、ニールのファッションはスーツにハットでビシッと決めた、クラシカルなスタイルなので、このMIXスタイルにもとっても似合うのですが、たまに、絵を描いているシーンがあって、薄汚れたシャツ1枚の格好とのギャップが、とってもセクシー(〃ノωノ)

ニールのお部屋は、思わず、DVDを一時停止してみるほどのお気に入りです♫

こちらはピーターのおうち

ホワイトカラー4

海外ドラマ「ホワイトカラー」より

レモンイエローの壁が爽やかで可愛らしいですよね。

愛妻家のピーターなので、おそらくインテリアは奥様のエリザベスの好みでしょう。

明るい色彩と、ホワイトのツートンでまとめられた、明るくシンプルでいて、アメリカ~!という感じのおうちです。

ピーターのおうちはNYの大通り沿いの住宅街にあるので、庭なんかないかと思いきや、裏庭があって、そこでビールを飲んだりします。

その感じもまたおしゃれなんです!

そして、そのピーターの妻エリザベスですが、なんと、ティファニー・ティーセン(Tiffani Thiessen)さん、あのビバリーヒルズ高校白書のバレリーです!

思わぬ再会(?)に、初登場のシーンでは、昼寝していた夫をたたき起こしました\(//∇//)\(←年齢がバレちゃいますね(笑))

インテリアに興味のない方でも、ドラマそのものが、とっても面白いので、ぜひご覧になってみてくださいね。

コンプリートボックスも\(//∇//)\

最後までお読みいただき、ありがとうございます☆


にほんブログ村

にほんブログ村